医師、看護師の面接術

初めて面接した時の緊張が蘇ってくるでしょうか。
医師、看護師の面接はどのような事が重要になってくるのでしょうか。
まずは前の職場、あるいは今の職場について聞かれるでしょう。大抵の場合、転職の理由を詳しく聞かれるはずです。転職したかったのはどうしてなのかを一方的ではない言い方で伝える事が良いでしょう。あまりにも自分本位な理由をだらだらと述べてしまうのは印象が良くありません。理由を伝えるのであれば、簡潔に客観的に、決して悪口等にならない様に気をつけましょう。
これからの事については、きちんと自分の働くスタンスが伝えられる様にしましょう。そして、そこを選んだ理由に繋がる様に話すのが良いでしょう。今後どのような希望があるのかも聞かれるでしょう。自分の将来のヴィジョンが伝えられるのも大切な事ですね。
いま働いている状況についても細かく聞かれることでしょう。それ以前の仕事に就いてもあるようであれば、もちろん聞かれることでしょう。この時に気をつけたいのが、悪口です。例え、現在の病院に不満があったとして、それがあり得ない様なことでも話しすぎるのは禁物です。やはりあまりにも内情を話してしまったりすると、結果的に自分の信頼が無くなってしまうことになりかねません。どうのようなつながりがあるかもわかりませんので、やめたい理由はほどほどにしましょう。病院側からしてみれば、どの様な人柄の人が来てくれるのかという点も重要に思っているはずです。
そして、仕事に対する姿勢も重要視するでしょう。ですから、最初から、お給料の事や休みの事を主張しすぎるのは好ましくありません。気をつけましょう。
将来についても聞かれると思います。開業のこととか、自分の進んでいきたい方向性について聞かれる事が多い様です。その医療機関にとっては、医師、看護師がどのように関わっていってくれるかという事は雇い側からは大変な重要なことだからです。
面接は質問されるだけではありません。こちらからの意見、確認したいこともしっかり伝えましょう。大切な事です。確認したい事の答えはきちんともらえる様にしましょう。後々のトラブルにならない様にする為です。雇用条件はあっていますか。大事な事です。しっかり確認しましょう。
病院の方向性、病院内の様子、スタッフの状況、聞いておきたい事はきちんと聞いておきましょう。
基本的な事は把握しておかないと、転職を決めてしまってから、前の病院と大差なかったり、もしかしたら前の病院より酷い何て言う事もあり兼ねません。誰でも良くない事は伏せておきたいものです。聞かれるまで、わざわざ、良くない事を言う必要も無いでしょうから、やはり自分で外せない事に関してはしっかり確認しましょう。病院側の経営方針や勤務医はどういったことをまかされるのか、日頃の病院の様子、スタッフの様子、具体的な事についても話してもらえるといいですね。
面接の当日は履歴書、医師免許等、必要なものを忘れない様にしましょう。もちろん遅刻も厳禁です。服装もきちんとしていきましょう。
面接とはいつになっても緊張するものですが、自分を知ってもらう第一歩です。第一印象とはとても大切な事です。特に転職となると、色々な事を聞かれる面接となるでしょうから、しっかりと準備しつつ、程よい緊張も忘れないで、面接に向かってください。

看護師においても、面接ではほとんど同じ様なことがいえます。あなたが思う看護師とはどんなものなのか。あなたはどのような看護師でありたいのか。最も基本的なことですが、やはりしっかりと答えられる様にしておくべきです。

たいてい面接で聞かれるのは、やはり現状、今の勤務先をどうしてやめたいのか、どんな仕事を主にしてきたのかといったことは聞かれるでしょう。そして、転職後どのような希望があるのか、求人に応募した理由は何か、そして、将来どのくらい勤められるのかなどを聞かれるでしょう。

check





最終更新日:2019/8/1

Copyright (C) 2008 Doctor Road. All Rights Reserved.